トップページ > 岩山の琴 > 岩山の琴

岩山の琴

岩山 三郎とは

明治44年当時のチラシ明治44年当時のチラシ

明治37年 福島市北町で琴・三味線職人であった岩山 為次郎の三男として生まれる。
小学校5年生になった時に父 為次郎が急逝し、家業は長男が引き継ぐこととなり三郎は小学校卒業と同時に口減らしのために東京 浅草新福町の「桐屋」へ丁稚奉公に出されることに。
師匠の石田常蔵さんのもと刃物の砥ぎ方から徹底的に仕込まれたといいます。
丁稚奉公して8年が過ぎたころ、福島では大事件が勃発。 長男が商売に失敗し3万2千円余りの借金をかかえたまま家出したのです。師匠よりノミと小刀を餞別にもらい福島へ戻ってきた三郎は、寝る間も惜しんで三味線を作り続けました。(琴に比べ制作日数が少なくてすんだ為らしい) 当時は百円で家が建つと言われていたなか、20数年かけ借金を返し、やっと琴作りに本腰を入れられるようになったのは戦後になったからでした。

三郎 作業風景三郎 作業風景

当時、琴の材料となる桐材の多くは現在の新潟県を中心とする越後材が中心でしたが、三郎は福島県産にこだわることで「福島でしか出来ない琴」作りを目指し、自身で会津へ出向き琴の材料である桐材を探し回りました。結果、柳津地方の北斜面に立つ桐が木目の詰まり具合からみても最良であることに気付き、以来岩山の琴は同地方の桐材からのみ制作されることになったのです。

その工法についても、当時最高の銘琴といわれた宮城 道雄先生御愛用の「鈴虫」、山田流 今井 慶松先生御愛用の「老松」「千代友」の作成で知られた今村 霞?氏を半ば強引に福島に招き、衣食住を共にすることでその技法を習得していきました。

宮城氏と三郎前列 右から2人目 宮城氏
後列 右から3人目 三郎

試行錯誤を繰り返しながら、どうにか満足できる琴が出来ると、三郎も宮城 道雄先生に自分の琴を見てもらいたいと数面のお琴を持って直接東京へ。宮城先生はそれぞれのお琴を弾かれ「なかなか良い音ですね。こちらの一面をいただきましょう。」とおっしゃられました。驚いたのは三郎でした。「先生、その琴はただの上角です。こちらが金口のお琴ですよ。」次に宮城先生がおっしゃられた言葉は、その後の岩山の琴作りの根本となるものでした。「岩山さん、私は目が見えないんですよ。私が楽器を選ぶのは見た目が綺麗なんじゃなくて、良い音がするからです。飾りに時間をかけるより、良い音が出せる作り方を考えてください。」その言葉通り三郎は自分にしか出来ない琴作りに没頭します。

特に甲(響板)の削り方は独特で、他の琴に比べ縦横共に曲がりをきつくすることによって琴全体に張力を持たせることとしました。宮城先生との交流はその後も続き、数十面のお琴を納めさせていただきました。

「私が作曲するときに使いたいから、信夫琴と銘をつけた琴を作ってくれませんか」昭和31年 福島市で演奏会が行われた際には飯坂温泉で二人楽しく語り合ったそうです。また、先生の現代曲を演奏すために十七絃のお琴(低音用)の制作にも色々とアドバイスいただきました。ところが、その年の6月25日 演奏旅行中の宮城先生は列車からの転落による不慮の事故死をとげられます。

伊勢神宮奉納の和琴伊勢神宮奉納の和琴

伊勢神宮よりの感謝状伊勢神宮よりの感謝状

十七絃完成の記事 昭和33年6月十七絃完成の記事 昭和33年6月

あまりのショックから三郎はすべての仕事を断り、茫然自失の日々を過ごすこととなります。そんな三郎を見かねた妻 ツヤは、少しでも気晴らしになればと伊勢神宮への参拝へ連れ出したのです。その日は丁度境内で雅楽の吹奏が行われており、琴の音も聞こえてきました。「変わった音の琴だな」と思いながら見学を願うと、そこには通常の琴とは違う「和琴」が。長年使われて傷みも進んだ和琴を前に宮司が「最近は和琴を作れる人もいなくなって」とひと言。「では是非、私に和琴を作らせてください!」

福島に戻った三郎は初めての制作となる和琴作りに取り組みました。福島稲荷神社の阿部宮司も同神社に唯一の和琴を参考にと貸し出してくださり、昭和33年5月 二面の和琴を完成させ伊勢神宮の内宮と外宮へ奉納する事となりました。なお、平成の現在でもこの二面の和琴は「朝風」「夕風」と名付けられ現役で伊勢神宮雅楽部において使用されております。そしてこの年には、宮城先生との約束であった十七絃も完成しました。「先生の三周忌までには何が何でも」との思いがあったそうです。試作品四面での音質の問題を解決し、満足できる琴が仕上がったのは6月の18日でした。 仕上がった琴を直ぐに東京へ送り、22日に渋谷公会堂で行われた追悼演奏会でお披露目することが出来たのです。

皇室献上の琴皇室献上の琴

献上品受領書献上品受領書

二十五絃完成の記事 昭和36年9月二十五絃完成の記事 昭和36年9月

翌昭和33年は皇太子殿下御成婚のニュースが全国を駆け巡った年でもありました。三郎は陛下御成婚の献上品となることをさらなる目標とし、己の持つ技術の結晶ともいえる琴の制作に取り組みました。通常の琴の場合原木を二年乾燥させたものを製材するところ、樹齢60年の桐の木を五年間乾燥させておいた材を使い、綾杉彫に金まえ絵で菊の御紋を書き入れた口前をはめ込んだ仕様。やっと完成した琴を、県を通して宮内庁に申し込んだのが昭和34年の3月でしたが、全国から様々な品々の申し込みが殺到しなかなか審査の結果が伝わらないまま4月10日の御成婚が滞りなく済、無念に思っていた三郎のもとに御受納の知らせが届いたのは5月13日の事でした。20日には夫婦で直接宮内庁にお届けに上がり、受領の書簡と菊の御紋な入った紅白饅頭を頂いたそうです。結局、山形・宮城・福島の南東北3県からの献上品御受領は三郎の琴たった1点でした。(実はこの際に制作された琴は献上品を含め五面あり、今現在も一面は当社に保管されています)

その後も琴の可能性を模索し続けた三郎のもとへ、昭和36年米国カリフォルニア州のパサデナに住む女流琴曲家 工藤和枝より25絃琴の制作依頼が届きました。故宮城 道雄先生の高弟である工藤氏の「洋楽器との合同演奏が出来るお琴」との希望から日本で初めての25絃琴を完成させたのでした。

三郎にとって宮城道雄とは、制作者と演奏家の違いこそあれ常に琴作りの師匠であり続けたのでしょう。「私の仕事をわかってくれたのは宮城さんだけだった」と言っていた晩年の三郎の言葉が今も耳に残っています。

サイト内検索

(株)あきたや楽器店

(株)あきたや楽器店〒960-8034
福島県福島市置賜町7-7
[TEL] 024-521-1515
[FAX] 024-524-1467

携帯でもご覧になれます

QRコード

このページの先頭へ